フリーターとセフレ

フリーターでセフレを作る方法

フリーターの強みは社会人よりも時間の融通が利き、学生よりもお金に余裕がある所です。
学生と社会人の間といったところでしょうか。

 

仕事先でセフレを作る

フリーターの大きなメリットに仕事先を変更できる点です。
社会人や学校は安易に場所を変えることが出来ません。
しかし、雇用状態がバイトやパートならば、比較的仕事先を変えやすいです。
そのため、仕事先の女性を積極的にセフレ化を目指すことが出来ます。
仕事選びは目的の女性が多い場所に就くこと重要です。
時給が高い肉体労働系は男性率が高いためオススメできません。
女性が多い職場は、アパレル系、外食系、福祉系などが挙げられます。
失敗しても俊敏に職種をチェンジできるので、効率良く自然な出会いが出来ます。

 

出会い系サイトを利用する

当サイトで推奨している出会い方の1つです。
フリーターは比較的融通が利きやすいため、出会い系サイトは大変有効です。
正社員の場合ですと、自由にとれる時間は、休日の土曜日、日曜日だけとなります。
このような制限があると、平日しか時間が取れない主婦層などの出会いに制限が掛かってしまいます。
シフト制のような割と自由に時間が取れる立場と言うのは、セフレを作る上では非常に強いポジションともいえます。
フリーターはお金がないケースも高いので出会いサイトを敬遠しがちですが、無料コンテンツ(日記など)や
サイト側送られてくるポイント支給を駆使すれば、料金を抑えて出会う事も可能です。
出会いサイトに登録している気分屋さんの女性も、自由の時間が利きやすいフリータならば効率良く拾うことが可能です。
有効に時間を使えるフリーターにとって、最も成功しやすいと言えるかもしれません。

 

フリーターの弱点

セフレを作るにあたり若い女性ほど狙いですが、結婚を考えている女性層には反応が悪いケースがあります。
しかし、弱点はそれくらいで結婚している女子等や熟女は気にしないケースが多いです。
多くの出会いを経験できるのがフリーターの最大のメリットです。
あなたが今フリーターならば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

攻略のポイント
立場によりますが、年齢が若い時は正社員と給料がほとんど変わらず、その上自由な時間が取れるので「セフレ作り」としては、最も効率が良いです。
年齢が上がり30代以降になると、経済力では同年代と開いてしまいます。
なので、経済面を強みにした出会いをするのではなく、女性を楽しませたりする方向で力を発揮させましょう。
多くのセフレを作る上で、自由な時間を持てるフリーターは強い立場にいます。
多くの女性との出会いを量産しましょう。
私の知り合いで、女性に養ってもらっているジゴロー(ひも)のような知り合いも居ます。
世間一般には、正規社員でないとだめだという風潮もありますが、蓋を開けると、養ってあげたい女性も多くいるのが分かります。