セフレと背徳感

セフレを作れても背徳感が出る

おそらくこのサイト通り実行されればセフレを作る事は容易だったと思います。
しかし、セフレは作った後の、背徳感と戦わなければなりません。

セフレを作ったら終わりではない

世間的にセフレという関係は歓迎されておらず、後ろ指を差される傾向があります。
男性としてはステイタスと捉える人もいるかもしれませんが、それは友人や知人などの関係において、発揮されものです。
会社の同僚や上司に置いては冷ややかな目で見られる可能性の方が高いのです。
私の知り合いは、職場恋愛をしていましたが、このサイトに紹介した内容を指南しました。
その知り合いは、セフレが出来ることに喜びを感じてしまい、彼女をほったらかしにして多くの女性と関係を築きました。

 

しかし、女性は男性よりも勘が働くもので、浮気を感ずかれてしまいました。
それは会社の上司にも噂が行き届き、最終的に知人は地方の支社に転勤することとなりました。
パチンコやお酒依存症はきいたことあると思いますが、セフレ依存症は聞いたことがないかもしれません。
しかし、女性経験が少なければ少ないほどこのような体験を起こす可能性があります。

 

セフレ作りは依存性がある

これはこの友人だけに当てはまるものではなく、私自身も依存性を感じたことがあります。
複数のセフレを抱える優越感がたまらなくなり、どんどん女性と知り合いたくなります。
このサイトでセフレの作り方が分かった人もいるかもしれません。
けれども、はまり過ぎないように注意して下さい!

 

依存性に嵌りやすい人

  • 女性との交際経験が少ない
  • 性欲が強い
  • 自分に自身に自信がない
  • 趣味がない

 

女性との恋愛経験が少ないもしくは0の人は、今までの自分では考えられない世界に入り込んだ錯覚を起こしやすく、より多くの刺激を求めてしまいがちです。
無趣味の場合、他にやる事がないため空いた時間は全てセフレ化作りの時間に当ててしまう。
女性を落とした感覚は、自分自身に自信を与えて、さらに追い求める形となります。

 

セフレ女性が彼女と言い出す

何度か出会いを重ねると情が移るものです。
そうすると女性は、セフレから彼女化を狙ってくる女性がいます。
体の相性や価値観などから結ばれのるは素晴らしいことです。
しかし、あなたにはその気がないかもしれません。
けれども、嫌いでもありません。どちらかというと、好きかもしれません。
けれども、彼女にはしたくありません。
そんな女性が多くあなたの前にあらわれるでしょう。
その時あなたは、どうしますか?
「彼女」としてキープして、セフレを別に持ちますか?
それとも、音信不通ににして、連絡を絶ちますか?
そういった多くの悩みを抱えることを覚悟しなければなりません。

 

セフレが多いことが本当の幸せなのか?

多くのセフレを囲むことに憧れを持つ男性も居るかもしれませんが、それが必ずしも幸せになるとは限りません。
今の人生を多少変えてしまう程刺激があり、中毒性も高いです。

 

それでも、「作りたい」という覚悟がある人だけ、実践して欲しいのが本音です。