セフレとエクセル表

セフレの管理シートを作る

出会い系でセフレを作れる要領を掴めて来ると、出会えない悩みから、キープのやり方が悩みの種となります。

 

月に、10人以上と出会ってしまうと、「いつ誰と何処へ行ったか?」が分からなくなります。

 

これによる障害は、セフレによるメンテナンスが十分行き届かなくなり、せっかくセフレに出来てもすぐに自分の手元から離れてしまいます。

 

そのため、セフレの管理シートのようなものを作っておくと良いでしょう。

 

私の場合、エクセルで女の子の情報を簡易的に記入して管理しています。

 

 


 

クリックで拡大します。

 

 

これは私が昔使っていた、セフレ管理シートです。

 

管理シートは女の子の簡易的な情報を入力する事で、女性と最後に出会った日や重要なキーワードを残しとく事で、女性自身の満足度を上げてやる事が可能となります。

 

この表では、

 

  1. 名前
  2. 重要度
  3. 出会った日
  4. 誕生日
  5. 電話番号
  6. 使った出会い系サイト
  7. 備考

 

7つの情報を管理しています。

 

 

名前
名前は、女の子の名前を入れます。
本名が分かる女の子も居れば、出会いサイト上でもHNの場合の2通りがあります。
本当の名前を教えてくれない場合は信頼度が低い可能性があります。

 

重要度
重要度を設けることで、女性との程度大切にするかが変わります。
私の場合、A〜Cという3つのランクを取っています。

 

Aランクの場合、ほぼ彼女と同等の扱いをします。
優先度が高く、他の用事と被っても出来るだけ優先します。
Aランクを多く作ってしまうと、時間も費用も大きく割いてしまうので、多くても3人が限度です。

 

Bランクの場合、セフレとしてキープしたい女性を指します。
基準としては一月に一回程度は、デートをする女性を指します。

 

Cランクの場合、セフレとしてキープはしたいが、優先度が低い女性です。
たまに、出会えれば十分という女性はこのランクに属します。

 

基本的に、ランクが低い女性ほどセフレとしての関係が崩れやすく、優先度が高いほど良好な関係を築きやすい。
ランク設定の比率を上手に分けないと、手が回らなくなる。
最近の私の場合、

 

Aランク:Bランク:Cランク=2:3:5

 

となっています。

 

私は、定期的にサイトを利用して新規女性と既存のセフレを入れ替えています。
そのため、BランクとCランクが頻繁に入れ替わります。

 

AやBを多く入れてしまうと、新しい出会いに費やす時間も費用を割り当てるのが難しくなってしまいます。

 

出会った日
今まで、女性と出会った日を入力します。
最後に出会った日から、どれくらいの頻度で、デートすれば良いのかがデータとして残るので、管理しやすくなります。
デートする周期とランクが異なる場合、ランクを変えるか、改善する必要があります。

 

誕生日
女性は記念日を大切にする傾向が強く、特に誕生日は重要です。
Cランク女性の場合でも、メールしてあげるだけでも喜びます。

 

電話番号
女の子の電話番号です。
万が一、電話を落としても大丈夫なように、電話番号を残すと良いでしょう。
このエクセルの場合、番号だけですが、アドレスやlineのIDなども控えとくと良いかもしれません。

 

使った出会い系サイト
データを取っていくと、どのサイトが自分にとって得意なのかが分かってきます。
また、Aランク女性がいたサイトは、出来るだけ自粛したりもします。(相手に見えないようにするなどの対策はありますが、、)

 

備考
女の子の趣味や気なるキーワードをメモ書き程度で残しときます。
こうして残しとくことによって、「どの女性が言った情報なのか」が明確になります。
勘違いして別の女の子に、そのネタを振ってしまう事の防止にもなります。

 

プラスα
これは昔の管理シートなので不十分ですが、年齢や住んでる場所、あげたプレゼントなども残しとくと管理シートしては使いやすくなります。