出会い系では量も質も両方大事

1人を大切にメールするのと、多くの女性にアプローチするのはどっちがいい?

出会い系サイトの質問で多く取り上げられる課題の1つ、「質と量どちらが重要なの??」が今回のテーマです。
この質問、結構されるんですよね。

 

 

結論から言うと、「どちらでもOK」です。

 

 

1人、1人を丁寧にアプローチして、返信率を上げる方法も、多くの女の子にアプローチすることで多くのキッカケを作る方法もどちらも有効です。

 

 

ですが、

 

 

初心者は、質よりも多くのチャンスを作れる量で勝負したほうが、成果は出やすいです。

 

 

 

始める初心者の多くは質に拘る
私は冒頭で、質も量もどちらも有効です。と書きました。

 

すると、初心者さんの大半は、「なら、質を大切にしよう♪」と考えが働きます。

 

しかし、初心者が本当に質の高いアプローチが出来るんでしょうか?

 

自分よがりの、自己満足な「質」になっていませんか?と訪ねたい。

 

訊いた話によると、「量」って面倒なイメージがあり、「質」は楽なイメージがあるという。

 

確かに量は、管理が行き届かなくなることが多々あり、時間も労力も掛かる。
ところが、「質」の場合狙った子のみに専念できるため、管理もしやすく、時間もかからない。

 

だから、同じ効果があるのならば、「質」に行く傾向が強いとか。

 

 

 

けど、定義が間違えています。

 

 

質と量は同等の効果を持っているわけではありません。
特に「質」の場合、自分のスキルに大きく依存するため、出会い系サイトに慣れていない男性がやったところで、満足いく質のアプローチが出来ていないのが大半である。

 

 

反対に、「量」は、上級者も初級者もスキルよりもタイミングや運に依存性が高く、稚拙な文章でも引っかかる女の子が出てきます。

 

なので、初心者や成果が出ない人は、質の高いやり方を学ぶよりも、多くの女の子にアプローチして、受けの良いメールのアプローチ方法を学んでほしい。

 

 

量産型アプローチも慣れてくると、それと同時に質が向上していきます。
そうすることで、質の高いアプローチが出来るようにもなってくるので、「質と量産型」の併用が可能となります、

 

 

私が思う理想は、併用です。

 

 

どちらも重要ですが、どちらか一方をチョイスするというよりも、

 

気に入った子がいれば質を上げれば良いし、引っかかればラッキー程度の子には量産型をすると良いでしょう。

 

 

質に拘らない理由番外編
気に入った子でも、話してみるといまいちであるケースもあるし、どうでもいいと思ってた子が会ってみたら想像以上に良い子であることもあります。
時間を掛けたけど、今一つだつた、、、。

 

という結果は、大きく落胆してしまいます。

 

なので、1人の子に時間を掛け過ぎて、こだわり過ぎない事も大切です。

 

個人的な意見
セレモンの個人的な意見ですが、以上の点から、最初は質よりも量を稼ぐつもりでアプローチしてください。
それが最も成果の出しやすい方法の1つだと思います。