安く済ませたい!!成功率を上げたい!!なら、複数のサイトに登録せよ!!

急いでいる人向け
出会い系で、短時間で成功率を上げる方法があります。
それは、大手出会い系に登録して複サイトで同時攻略するのです。
量を増やしても然程、労力が掛からないのに効果は2倍、3倍と上がります。
複数サイトを使うことで費用が掛かると思いがちですが、1回の相席屋よりもコスパは高い。

複数のサイトで同時攻略すると効果が出やすい

 

私はセフレを作る上で複数のサイトに登録しています。
なぜならば、多くのサイトに登録する事で、多くの女の子と知り合うことが可能だからです。

 

これは、誰もが思いつく事ですが、大概の人間は、使うサイトが偏ってきてしまいます。
私の場合は、

 

「ハッピーメール」
「ラブサーチ」
「わくわくメール」

の3つです。

 

ですが、それでも私は複数の出会い系サイトを登録する事を強くおすすめします。

 

複数の出会い系を登録する驚愕のメリット

 

複数の出会い系を登録すれば、単純に多くの女性を知り合えうのは、誰もが思いつます。
複数に登録している男性は、多くのセフレを抱えている男性が多いです。

 

なので、
セフレの成功率をあげたいなら、黙って複数サイト登録しましょう!

 

で、ここまでは当たり前なのですが、それと同時に別のメリットが生まれます。
それは、

 

お金の消費が抑えられて、経済的に優しくなるという点です!

 

詳しい解説は後に回しますが、簡単にいうとお金を使わなくても、ポイントを貯めることは可能です。
それにポイントを抑えて出会うことも可能なのです。

 

メリット1 無料ポイントが付く

 

ポイント型サイトは、初回時に無料ポイントが付くサイトがほとんどです。

 

なので、このポイントを利用すれば、無料で女の子と会えてしまうということも可能なのです。

 

大体、1回の無料ポイントだけでも、一人の女の子と会えます。
仮に5サイト登録すれば、無料で5人の女の子と会う事が可能なのです。

 

これってお得だと思いませんか?
仮に出会えなくても損はありません。

 

簡単に出会える事が分かったら2000円くらい課金しましょう。
それだけでも、5人くらいの女性とデートが可能です。
カップリングパーティーや相席屋よりも非常にリーズナブルです。

 

メリット2 ポイントを購入しなくてもポイントは増える

 

無料ポイントで一回ポイントを使いきったら、その運営サイトの利用を終らせる人もいますが、それは大変勿体ないです。
なぜならば、メールでポイントが支給されるので、ポイントがなくなったら、しばらく封印しとくことで、知らない間にポイントが蓄積されていきます。

 

このポイントで、再びアプローチすれば、また無料で会う事が可能になります。
考え方としては、無用ポイントを使い切ってしまい、女の子とアプローチする状況ではない場合、そのサイトを一時的に封印し寝かします。

 

その間ポイント蓄積期間として、ポイント支給メールでポイントを貯めておきます。

 

そして、ある程度貯まったら、再びそのサイトを開始するのです。
要領としては、

 

ポイント使い切る→無料でポイントを増やし、その間サイトを封印→再開→初めに戻る

 

といった感覚です。
難点としては、ポイントをためるにはそれなりに時間は掛かります。

 

しかし、お金を掛けずにアプローチできるというのは強みであり、登録する上でデメリットもないので、とりあえず登録するは「有り」だと思っています。

 

最近の私は、定額でつかえるラブサーチを主軸とし、残りの時間でハッピーメールやワクワクメールなどのポイント型サイトを使っています。
ラブサーチは定額なのですが、一度に100人に送るとかは物理的に無理なので、他のサイトも併用しています。
最近はPCMAXなどもサブ活用しています。

 

メリット3 アプローチできる女性の数が劇的に増える

 

今までのメリットは、いかにお金を減らさないかのメリットでした。
しかし、それだけではありません。
当たり前ですが、使えるサイトの数が増えるという事は、それぞれの掲示板をチェック出来る事になります。

 

チェックできる掲示板が増える=アプローチできる女性の数が増える

 

と言う事です。

 

都内に住んでいれば、ハッピーメール1本でもそれなりに女性の数は確保されていますが、
さらに質の良い女性を厳選したいのであれば、複数サイトで数を増やすと良いです。
地方住みや投稿数が少ないと感じている人にもお勧めです。

無料ポイントがもらえるサイト達

ここでは、ハッピーメールとわくわくメールを推しますが、それ以外にも、PCMAX、イククル、Jメールなどが該当します。
興味があれば調べてみてください。

 

前⇒デザリングで更新してみる
次⇒年明けの戦略を考える