大学生でのセフレの作り方

大学生のセフレの作る方法

大学生はどの年齢層からも反応が良く幅広いセフレが作れる時期でもあります。
社会人と違いお金を大幅に稼ぐのが難しいため、身分的にお金がなくても良い。

 

相手が年上の女性の場合、費用を出してくれる可能性もあり、お金が掛からないのも良い。
年下でも、費用の掛かるデートを避けられる。

 

やり方次第では、どの年齢層にも受けが良い、条件の良いポジションです。

大学内でセフレを作る

女性と多く交流が出来るので、大学内でもセフレは作りやすいといえます。
学校のクラスや講義が同じである子もいけますし、サークルでもチャンスがあります。

大学の行事に積極的に参加する

大学はイベントがたくさんあります。

 

そのイベントとに参加するたびに女性と交流できるチャンスがあります。
特に飲み会があるサークルやイベント事に積極的に参加しましょう。

 

大学には他の学部の学生を含めると多くの女性がいます。

 

しかし、他の学部ですと全く接点が持てない女性も多いと思います。
大学でセフレを探す場合、そういった女性たちとも知り合う事でチャンスの幅が広がります。
では、どのように接点を持つか?

 

ということになりますが、それが最初の説明したとおり、大学のイベントに参加することです。

 

交流が盛んな知人を作る

 

イベントで人脈を作るのもよいですが、最初から人脈が多い友人を作る事で、自分も知り合いになる方法です。
SNSのフェイスブックやミクシィーと同じ感覚です。

 

友達の友達は、仲良くなりやすいです。
男性でも女性でもいいです。

 

友達が多い人と友達になることであなたの友達も増えます。

 

友達が増えれるとセフレ候補に幅が広がります。
出来るだけ多くの友人を作る事がセフレを作るチャンスに繋がります。

 

大学内でセフレを作るデメリット

学校でセフレがいる人は意外に多いのですが、オススメではありません。
セフレは世間体的にあまり良い印象を与えないからです。

 

あなたをマイナスイメージにさせやすい、悪い噂がたちやすく、セフレと話がこじれるとあなたの評判が下がる可能性があります。

 

こうなると、別のセフレ候補が作りにくくなるばかりでなく、学校生活にも支障をきたす可能性すらあります。
学校は気軽に変える事が出来ないので、やめてしまった男性を何人も知っています。

 

学園生活を平和に過ごしたいのならば、同じ学校内でセフレを作るのも気をつけたほうがよいでしょう。

 

出会い系でセフレを作る

最も効率が良くセフレが出来る方法です。

 

 

また、相手と関係が悪化しても私生活に支障をきたすのを軽減できます。
何人のセフレを抱えても、大学内のように見つかる確率も低いでしょう。

 

大学生ではハッピーメールがとても評判が高くオススメです。
同じ年代~40代以上まで幅広くセフレが作れることでしょう。
また、年上ですと奢ってくれる可能性も高く経済的にも安心してセフレが作れます。

 

次⇒社会人のセフレの作り方