社会人のセフレの作り方

社会人のセフレの作る方法

学生と違う視点でセフレを作る

 

社会人となると学生時代より女性とのかかわり合いが少なくなります。
日常生活でセフレを作るのは、困難になっていきます。

 

同じ職場や取引先の女性をセフレ化させるという考えもありますが、仕事関係でのセフレ化は関係がこじれると極めて危険です。

 

悪い評判は、給料や査定に関わる可能性があります。
リスクを考えるのであればオススメしません。

 

では、どうするか??

 

そうなると、職場以外で探すことを考えなければいけません。
けど、1日の半分は仕事先で過ごしていると思うので、その時間で出会える候補がいない場合、自分から出会いを探しに行かないと難しいでしょう。

 

大学生と社会人のセフレの作り方の相違


社会人は、会社で働くことにより収入を得る事が出来ます。
学生時代よりも使えるお金の幅が広がることでしょう。

 

しかし、その反面自由時間が無くなります。
学生お金が貯まりにくいですが、その分自由な時間があります。

 

また、大学生は自然な出会いも多くセフレが自然に作りやすい時期でもあります。

 

社会人は、自由な時間が少ないので、意図的に出会う方法を考えないとセフレを探すのに困難すると思います。

 

毎日会社の行き来をしているだけで、セフレが出来ることはないのです!

 

学生時代より時間に制限があるため、その分をお金でカバーすることで、女性の印象を上げる男性などもいます。

 

この考えはあながち間違いではありません。
経済的余裕があるのであれば、経済力を武器にするのも良いでしょう。

 

  • オシャレなホテルのバーを活用
  • 美味しいご飯に連れて行く

など。

 

しかし、新入社員や既婚者、低収入の人には難しいアプローチ方法といえます。(セレモンはあまり武器にしていません←出来ません笑)

 

どこで出会えばよいか?

全く出会いを期待できないのであれば婚活パーティーなどで女性と知り合うと良いでしょう。
その他社会人サークルなどもあるので、探せばいくらでも出会いはあります。
しかし、出会い=セフレではないので、あなたと女性とでは価値観の相違が出ることに注意しなければなりません。

 

社会人でセフレを作るには出会い系サイトを駆使せよ

ラブサーチでセフレを作る

 

低価格でコスパを考えるのであれば断然ラブサーチです。
社会人なら個人的には最強です。
毎週2000組のカップルが生まれるので女性も積極的ですし多くの出会いを演出できます。
学生とも差別化できますし、社会人として最も強いです。

 

年代も幅広いですし、なによりも男性よりも女性の方が比率が高い会員数を誇っています。

 

競合相手が少ないと、無駄なアピールもせずに簡単にセフレ化する事も可能です。
先ほどの経済面で不安な男性も、少しの出費で多くの女性と知り合う事が出来ます。

 

しかし、女性は恋人を探している事が多いので、結果的にやり目になってしまうことも多いです。
もっと単純にセフレが欲しいというのであれば、PCMAXが良いと思います。

 

通勤時間や休憩時間にメールすることで無駄なを省く

ダラダラと女性を探すのではなく、無駄な時間を使わずに女性と知り合いたい人にもオススメです。

 

仕事終わって自由な時間が満喫できる筈なのに、女性と知り合うためにその時間を使うのに抵抗がある人もいるかもしれません。
そういう人は、通勤時間や休憩時間を使ってアプローチすることで無駄な時間を使うことを抑えられます。

 

前⇒大学生のセフレの作り方
次⇒フリーターのセフレの作り方