セフレとプロフィール

好印象を当てるプロフィール作成が攻略のカギ

セフレ作りには、プロフィールの完成度が重要なポイントを持っています。
成功できていない大半の男性が、このプロフィールの作成を怠っています。
女性と知り合うには、あなた自身を売り込まなければなりません。
あなたの存在をPRし、売り込む大切なのです。
しかし、売り込むというと誤解されやすい点が多いのでこの辺について解説していきます。

 

7つのセフレを作る上で間違った自己紹介の仕方

  • 下半身画像を送りつける
  • 下半身自慢をする
  • 上半身を脱いで筋肉をアピール
  • テクニック自慢
  • 下ネタ系全般NG
  • 自信がないアピール
  • 上から目線アピール

全てNGです。

 

セフレ作り=下ネタで攻めるというのは大きな間違いです。
このような下ネタアプローチで、返信が来る女性が居るのであれば、ほとんど他のサイトに誘導する業者を疑いましょう。
しかしながら、話を聞くと男性陣でこういう書き込み多いのが目立ちます。
彼らはほとんど成功していないと思っていいでしょう。

 

追伸 2013/8/4
セフレを作るのに絶対下ネタ厳禁なのか?と質問を受けました。
確かに私の説明では厳禁と思われるような書き方をしています。
しかし、結論から言うと必ずしも不正解とはいえません。
この辺は、セフレを作るには、エロキャラをさりげなく入れると効率が上がる?で説明しています。

 

自然なアピールをここがけよう

7つのセフレを作る上で間違った自己紹介の仕方というのは、女性が返信しにくく引く典型的パターンです。
まず、いきなり下ネタ系は基本NGにしましょう。
自分の下半身画像等をいきなり送りつけたり、自慢するのはもってのほかです。
次に多いのが、テクニック自慢。これも基本的にやめといた方が無難です。
その次に多いのが自信のない自己PRです。
「格好良くないですが宜しくお願いします」や「暇です」などネガティブな発言には注意しましょう。
では、どのような点をアピールすれば良いのか考えて見るのですが、ここでも注意点が1つあります。
それは、アピールを自慢話しにしないことです。
人の自慢話ほど退屈なものはないからです。
アピールする点はさりげなく、自然にを心がけましょう。

 

自己PRするべき点

では自己PRについての説明に移ります。
自己PRは極めて重要です。
PRの書き方1つでセフレの作りやすさが大きく左右されます。
記入に重点をおく項目は、

 

  • 趣味(音楽、スポーツ系、アウトドア系、ドライブ等)
  • 身長、体重、学歴、職歴(自信があれば)
  • 住んでいる場所
  • 強みのある箇所

 

特に、話が盛り上がりやすいのが趣味項目です。
相手の女性と共通点や似てる箇所が多いほどセフレに出来やすくなります。
セフレを作るにおいてもフィーリングをあわせることが大切です。

 

写真は必ず乗せてた方がいい

文章の媒体も重要ですが、写真はその10倍大切です。
写真を載せたのと載せないのでは10倍効果が違うと思ったほうがいいです。
写真はセフレを効率良く作りたいならば必須項目の1つです。

 

載せても良いけど、容姿に自信がない

これを見てくれている人の中にはこういう風に言う方もいます。
しかしながら、断言します。
それでも載せたほうがいいです。
容姿がイケメンだろうが非イケメンだろがが写真があるだけで、女性の安心感が違います。
最近写真を加工する人も増えてきており、許される行為として認知され始めています。
印象は良いに越したことはないので、繰り返し撮影ベストな写真をプロフィールとしてアップすることをオススメします。

 

写真の撮り方で印象が大きく変化する
写真の撮り方によって印象が全く異なります。
同じ場所でも、朝と夜とでは異なりますし、撮影角度でも異なります。
一般的には、自然光を浴びた状態でカメラを自分より上に向けて、横画を撮影すると良い写真が取れやすいとされています。
サイトの達人は写真を何百枚も取り直し、奇跡の1枚を載せています。
あなたも、見栄えの良い角度や、取り方が必ず存在します。
そういった写真を載せることで、女性と知り合える可能性が飛躍的にアップします。

 

まとめ

  • 下ネタやネガティブなことは書かない。
  • 女性が話しを広げやすいように趣味を1つでも多く書く
  • 奇跡の一枚の写真を載せる

 

最初はこの3だけ抑えてください!!